つぐ先生の頭痛のトリセツ

つぐ先生の頭痛のトリセツ

知っ得頭痛の豆知識

頭痛薬を飲んで、かえって頭痛が起きるって本当?

最近、頭痛クリニックには今まで効いていた頭痛薬が効かなくなってきたので受診される方が増えています。

そのなかには薬が効かないので1回量を増やして飲んでいたり、毎日のように飲んでいる方がいらっしゃいます。よくよくお聞きすると、過去のひどい頭痛で苦しんだ経験から、痛くなりそうな予感がしたら頭痛薬を飲んだり、大切な用事があるのでその前に予防的に飲んでいることもみられます。それらにより、頭痛薬の内服回数や量が増えていきます。

すると、徐々に脳は痛みに対して敏感になり(脳過敏状態)、かつては気にならなかった軽い頭痛もひどく感じてしまったり、これからどんどん痛くなるのではとの不安が大きくなりついつい頭痛薬を飲んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。そしてついに頭痛薬を飲んでいるのに頭痛が起こってしまうようになるのです。このような頭痛を「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」といいます。

「薬剤の使用過多による頭痛」に対してはしっかり患者さんのお話を伺ってから診断し、数か月以上かけてじっくり治療を継続していきます。そのため患者さんも医師も根気のいる治療ですが、しっかりとした知識をもつ頭痛専門医が患者さんとの信頼関係の上で治療していく必要があります。

以下に当てはまるような方は一度、ご相談ください。
最近頭痛が多くて頭痛薬を飲みすぎているな、と感じているようなら今が受診のタイミングです。

  • 頭痛が1か月に15日以上ある。
  • 頭痛薬を頻繁に(月に10日以上)飲んでいる。
  • 頭痛で目が覚めたり、朝目が覚めた時から頭痛を自覚することが多い。
  • 頭痛発作に対する不安により予防的に頭痛薬を飲むことがある。
  • 頭痛薬の1回使用量を増やして飲んだり、1日の内服回数が多い。

頭痛の専門医 継先生へインタビュー

動画で見るトリセツへ

メディカリスト

つぐ脳神経外科・頭痛クリニック

pagetop